最新ニュース

Latest News JP

数千の高品質のニュースアニメーションが現在ニュース ダイレクトアーカイブにて利用可能です。

新しく発売されたニュース ダイレクト アーカイブより高品質のニュースアニメーションが
現在許可がおり、利用可能になりました。

最近のアーカイバルのニュースイベントから科学技術、医療、軍事、宇宙発見などの数多くのHDアニメーションに記事からアクセスできます。

NASアニメーションチームが最新トレンドのトピックで新しいアニメーションを制作し、新しいビデオが毎日更新されています。

特定の動画を見つけるには、ページ上部の検索バーにキーワードを入力します。

ニュースビデオの映像が欠落している場合は、ニュースダイレクトアニメーションでギャップを埋めることができ、本質的に概念的または技術的なニュースを明確に提供します。

ブロードキャスト、ドキュメンタリー、その他の商用用途に使用できるこれらの毎日配信される高品質なアニメーショングラフィックスは、視聴者が最新のニュースや詳細を理解するのに役立つ新しい次元を追加することで、コミュニケーションを視覚的に向上させます。

アニメーションはそのまま使用する準備ができています。また、豊富なマルチメディア体験を制作するために、追加のフッテージやグラフィックスを編集することもできます。

News Directのアニメーションは、CBS、Univision、Huffington Post、Al Jazeera、Telemundoなどのメディアに紹介されています。

ニュースダイレクトアニメーションのライセンスを取得するには[email protected]に電子メールを送信してください。 続きを読む

NASはトモニュースのコンテンツ・ディベロップメント・ディレクターに、 ロン・ブラウンローを任命

【台湾・台北 2017年7月10日】 ネクストアニメーションスタジオNext Animation Studio, 以下、NASは、トモニュースTomoNewsのコンテンツ・ディベロップメント・ディレクターに、ロン・ブラウンローが就任したことを発表いたします。マイケル・ローガンが立ち上げ、育ててきたトモニュースのチーム及び独創的なコンテンツを、今後はブラウンローが担い、飛躍させていくことになります。

ブラウンローは、2010年にライターとしてNASに入社、その後は編集長を務め、台北・ロサンゼルス・ニューヨークのチームを率いてきました。YouTubeで最も話題を集めた国際動画ニュースチャンネルであるトモニュース立ち上げに一役買った他、ニュース・ダイレクトNews Directを開設してロイターと提携、サブスクリプション方式を通じ、世界各地のメディアに、3Dアニメーションニュースを提供しています。

NASに入社する前、ブラウンローはタイペイ・タイムズで特集記事担当編集チーフを務めた他、ニューヨークの新聞、クイーンズ・クロニクルQueens Chronicleの記者として活躍した経歴を持っています。バロンズやニューヨーク・タイムズ、ニューズウィークに記事が掲載されたこともあり、2009年には、アジア出版社協会の卓越人権報道賞を受賞しました。また、コロンビア大学ジャーナリズム大学院で、修士を取得しています。

「ブラウンローの指揮の下、トモニュースは更なる成功を収めます」 そう語るのはNASのインドラ・スハルジョノCEO。「ジャーナリズム業界での豊富な経験から、ブラウンローはトモニュースを更なる高みへと進め、ニュースアニメーションを、更に多くの視聴者にお届けすることになるでしょう」。

トモニュースTomoNewsについて
トモニュースTomoNewsは2013年に、日本とアメリカでサービスを開始。そのユニークなアニメーションニュースから、毎月2億回以上再生されています。ユーモラス且つアイロニーに満ちたスタイルで、視聴者の視点からニュースの全体像をわかりやすく伝えています。

英語、日本語、中国語、韓国語、インドネシア語、タイ語の各言語バージョンがあるトモニュースは、YouTubeチャンネルや公式サイト、専用アプリiTunes Store、またはGoogle Playで視聴が可能です。また、フェイスブックやツイッターなどのSNSでは、最新情報をお届けしています。

◎詳しくはこちら
トモニュース公式サイトwww.tomonews.com

ネクストアニメーションスタジオNASについて
ネクストアニメーションスタジオNext Animation Studio, NASは、アジア最大規模のアニメーション制作会社です。3Dアニメーションニュースやハイクオリティのオリジナルアニメ作品など、業務内容は多岐にわたり、VR及びARのインタラクティブコンテンツなども製作しています。台湾本部には、一流のクリエイターやアニメーター、研究開発者らが在籍している他、香港や日本、アメリカにも支部を置いています。

トモニュースTomoNewsは、世界各地のトップニュースをアニメーションにしてお届けしています。NASが制作したアニメーションニュースの知名度を、飛躍的に向上させたニュースメディアです。脚本やリアルタイム3D及びCGアニメーションまで、NASは全方位的な製作プロセスで、ハイクオリティのコンテンツを提供しています。

◎詳しくはこちら
ネクストアニメーションスタジオNASwww.nextanimationstudio.com

【お問合せ先】
ネクストアニメーションスタジオNAS
マーケティング&コミュニケーション・ディレクター
ジェシカ・ウー
電話:+886-2-6607-8317
メール : [email protected]

NASが児童向けチャンネル「ネクストゥーン(nxTOONS)」を発表

【台湾・台北 2017年6月29日】 ネクストアニメーションスタジオ(Next Animation Studio, NAS)は、楽しみながら学ぶことができる児童向けオリジナルコンテンツの動画ブランド、ネクストゥーン(nxTOONS)を発表しました。YouTubeチャンネル開設し、アニメシリーズ「Out of This Word」を独占配信しています。

「Out of This Word」 は、養子の姉弟ムーンとマックスが主人公。一緒に探検をしながら「sleep tight」、「put a sock in it」といった実用的な英語を学んでいきます。マックスは好奇心旺盛な猫、言葉を文字の通りに受け取ってしまいます。一方、ムーンは聡明且つ論理的思考を持ったウサギで、言葉の背景にある由来をマックスに解説します。 続きを読む

マシュー・ダンテマン氏がNASのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任

【台湾・台北 2017年6月27日】 ネクストアニメーションスタジオ(Next Animation Studio, NAS)のチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)に、マシュー・ダンテマン(Matthew Duntemann)氏が就任しましたので、発表いたします。インドラ・スハルジョノCEO直属となります。

ダンテマン氏はCCOとして、今後、動画チャンネル「ネクストゥーン(nxTOONS)」の指導及び展開を担当します。また、動画ニュースの「トモニュース(TomoNews)」やその他のプロジェクトを監督し、NASの発展を後押しする役割を果たしていきます。今後はオリジナルアニメーションにも力を入れ、特に児童向けコンテンツを多数リリースする予定です。 続きを読む

「ダブル・ハード」、「クロカン」、「恐怖新聞」をYouTubeで公開!

ネクストアニメーションスタジオ制作のモーションコミック、「ダブル・ハード」、「クロカン」、「恐怖新聞」がYouTubeで公開中! 毎週月、水、金に最新話が更新されます。
CGモーションコミックは、原作漫画の構成、絵柄、セリフ等はそのままに、独特のビジュアル効果を通じて、マンガに新たな命を吹き込みました。全く新しい感覚で、楽しむことができます。

ダブル・ハード」は、今野直樹氏の作品で、無敵を誇るKF(ナックルファイター)速水大貴と、プロの殴り屋の鷹山仁が伝説の最強コンビ『ツーメン・アーミー』を組み、巨悪との戦いに身を投じて行きます。

恐怖新聞」の主人公は、石堂中学校に通う少年、鬼形礼(きがた れい)。幽霊などの超常現象を全く信じていなかったものの、ある晩の午前零時、彼のもとに突然「恐怖新聞」と書かれた新聞が届けられたことから、恐怖の日々が始まることに。新聞には、霊魂の存在を実証する記事、または未来の出来事などが書かれていて、翌日、礼の学校の先生が突然亡くなったことで、その記事が現実となってしまいます。1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まるという「恐怖新聞」が、その日から毎晩、礼の家に届けられます。

クロカン」は、三田紀房氏による高校野球がテーマの漫画です。主人公は高校野球部の監督をしている通称「クロカン」こと、黒木竜次(くろき りゅうじ)。彼の一風変わった指導方法が、弱小チームを優勝へと導きます。野球漫画の常識を覆し、学校や父兄との確執なども描き込んだ人間ドラマは必見!
ぜひチャンネル登録をして、お楽しみください!

クロカン |恐怖新聞 |ダブル・ハード

 

 

『バイオハザード:ヴェンデッタ』 新作アニメーション映画、2017年6月2日に台湾で公開

2017年5月27日に日本公開、6月2日には台湾でも一部上映館で公開を予定しているフルCG長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』。セガサミーグループのCGスタジオであるマーザ・アニメーションプラネットが製作し、ネクストアニメーションスタジオも、本作でアニメーション制作とライティングで参加しています。

米国公開も2017年6月19日に決定した『バイオハザード:ヴェンデッタ』は、初代『バイオハザード』の“戦慄”はそのままに、歴代のキャラクター、クリス・レッドフィールド、レオン・S・ケネディ、そしてレベッカ・チェンバースが登場し、「新型ウィルス」による“バイオテロ”を阻止すべく、ニューヨークを舞台に戦いを繰り広げます。 続きを読む

Next Animation Studioは、メディアコンテンツ・マーケットプレイス「Reuters Connect(ロイターコネクト)」に3Dニュース・アニメーションを提供

国際ニュース通信社大手のロイターは、「Reuters Connect(ロイターコネクト)」を立ち上げました。
「ロイターコネクト」は、各主要メディアの映像資料を集めたマーケットプレイスで、顧客はマルチメディアコンテンツにより簡単にアクセスでき、迅速に必要な情報を入手することが可能になります。
Next Animation Studio(NAS)は、ロイターのパートナーとして、世界の顧客に3Dニュース・アニメーションの提供ができることを誇りに思います。
視聴者がニュースへの理解を深めることを手助けする高品質なアニメーションの制作に、NASは日々尽力しています。
3Dニュース・アニメーションの詳細については、下記のURLをご覧ください。
newsdirect.nextanimation.com.tw

ロイター社のプレス・リリースはこちらからご覧いただけます。 続きを読む

Spy Penguin スパイペンギン

キッズ向けアニメ「スパイペンギン」は、ペンギンアニメの最高峰! 秘密結社「PEACE(ピース)」のペンギン3人組、ルーキー、テクスチャ、ロボロボがさまざまなハイテクな武器を使って、 最大の敵、ビッグボスに立ち向かう! フランス・パリの平和を守るため、3人は今日も全力投球!

「スパイペンギン」のYouTubeチャンネルは、日本語の他、英語中国語(繁体字)、韓国語インドネシア語スペイン語タイ語ポルトガル語の8か国語バージョンでお届け! さあ、今すぐチャンネル登録して、スパイペンギンたちの大活躍をお見逃しなく!

AR(拡張現実)で先史時代へGo!NASと国立台湾史前文化博物館が初提携

【台湾・台北 2017年3月6日】 ネクストアニメーションスタジオ(以下、NAS)は、国立台湾史前文化博物館と初提携し、卑南遺址公園先史部落エリアの再現プロジェクトに取り組みます。AR(拡張現実)技術とハイクオリティのCGアニメーションを通じ、卑南文化人が暮らした住宅の構造や風貌が現代によみがえります。

NASは「双方向・体験」をコンセプトにARコンテンツを計画、考古学者や人類学者らと共にクイズ方式のインタラクティブコンテンツを作成し、来館者はまるで自分が考古学者になったかのように、先史時代の謎に迫ることができます。体験するだけで、約3千年前の卑南文化が生き生きと目の前にあらわれることでしょう。また、NASは任務を達成すると賞品がもらえる宝探しゲームも企画しています。

卑南遺跡は、台湾で最も規模が大きい遺跡の一つで、国定遺跡に認定されています。今回のプロジェクトは2018年1月スタート予定で、台湾はもちろん各国からの観光客にとって、楽しみながら歴史を学ぶことができる人気の新観光スポットになることでしょう。 続きを読む

「マッドボックスゾンビーズ」のYouTubeチャンネルがスタート!

 

イタズラ好きで可愛らしいゾンビの動物たち……それが「マッドボックスゾンビーズ」! とある洋館のキッチンに夜な夜な現れ、やりたい放題大暴れ! イタズラ大好きなリスファー、おっとりタイプのバッファを中心に、個性豊かでキモカワなゾンビたちが繰り広げるストーリーに、度肝を抜かれること間違いなし!!  血が飛び、肉が飛び、首が飛ぶ! R15指定ギリギリ(!?)の異色作!

YouTubeチャンネルがスタートした「マッドボックスゾンビーズ」は、日本語の他、英語中国語(繁体字)、韓国語インドネシア語スペイン語タイ語ポルトガル語の8か国語バージョンがあります。毎日、新しいエピソードがアップされています!

続きを読む